ごあいさつ
president

私たち国宝食品は、明治30年の創業以来120年余年にわたり、広島の地でお子様からお年寄りまで皆様に愛される食品メーカーとして、豊かな食卓づくりに貢献してまいりました。
近年は少子高齢化などの影響により、食品業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化しております。ライフスタイルの変化やニーズの多様化に柔軟かつ迅速に対応しつつ、創業以来守りつづける「添加物を極力使わない体にやさしい食品づくり」にこだわり、安心・安全な商品をお届けすることで、皆様に信頼いただける企業として成長していかなくてはなりません。
会社の成長は、社員一人ひとりの人間としての成長の総和であり、会社の充実は、社員の幸福度が上がっていくことにより実現する。という信念のもと、その実現を通して「食」の分野で常に良いものを提供しつづけ、食文化の発展と地域社会への貢献を果たしてまいります。
今後とも皆様の変わらぬご支援ご愛顧をいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

株式会社国宝食品
代表取締役社長 楠原 祥司

会社概要
会社名 株式会社 国宝食品
所在地 〒733-0833 広島県広島市西区商工センター2丁目17-39
TEL 082-279-7500
FAX 082-270-1900
創業 明治30年
資本金 2,000万円
従業員数 58名
代表者 楠原 祥司
事業内容 食品製造卸売業
2019年8月現在
沿革
明治30年 広島市榎町にて創業
昭和8年 広島市中広町にみそ工場を建設
初代の次男・伊三郎が「国宝みそ醸造場」の代表となる
昭和41年 「国宝みそ株式会社」法人成立
昭和44年 川内工場操業
平成8年 地元素材を活用した「ちりめん大豆」を発売開始
全国区のヒット商品となる
平成9年 広島商工会議所会頭より創業100周年の表彰を受ける
これを機に社名を「株式会社国宝」に変更
平成19年 広島市西区商工センターに新工場完成・本社移転
グループの事業を「株式会社国宝食品」に統合
平成21年 冷蔵袋入惣菜の生産を開始
平成24年 冷蔵袋入惣菜の生産能力を増強
令和元年 冷凍袋入惣菜の生産を開始
交通アクセス
JR山陽本線 新井口駅より: 徒歩13分
広電宮島線 草津南電停より: 徒歩7分